冬期講習
意欲湧き立つ冬のコミットメインV

年長得意を見つける冬になれ!

低学年学びを楽しむ冬になれ!

4年処理力を高める冬になれ!

5年勉強の質を高める冬になれ!

6年合格を科学する冬になれ!

学びの冬になれ!

進学館の冬期講習には変わらぬ基本理念があります。

低学年は、楽しむ&得意を作ること。


「ウィンターフェスティバル」、「メインステージ」、「わくわく文庫」、
「図形の極」、「国語的算数教室」など、自由自在に組み合わせて充実の冬休みを
演出します。

楽しむ&得意を作ること

高学年は、答案作成能力を高めること。


難関校合格をめざし、スピード、思考力、正確性などを高める具体的な
メソッド(手段)を提供し、数段上の学力を身につけていただきます。

答案作成能力を高めること

しっかり学び、思いっきり遊ぶ。


目的に応じた様々な講座をご用意しました。
今年の冬休み、ぜひ進学館にお任せください!
(講習生の方には、お世話係として担当者が付きますので、
ご安心ください。)

しっかり学び、思いっきり遊ぶ
子ども大好き!教えることが大好き!元気で明るい講師陣!

自らの経験を熱く語り、子どもの意欲を引き出す。
それが進学館講師陣です。

進学館の講師陣は、中学受験のスペシャリストであると同時に、「学び」のスペシャリストでもあります。
中学受験を通して、子どもたちの自ら学ぶチカラを育むこと、何年経っても「あのとき中学受験をして良かった」と思ってもらえるように、長期的視点に立って指導することが使命と考えています。
卒業生たちがいろいろな相談をするために進学館を頻繁に訪れるのもその表れです。6年生時には、どの中学に入ればその子がもっとも活躍できるのかを、複数の担当講師が議論して保護者さまに伝えるようにしています。もちろん、少しでも上位の学校に進学できるように指導をおこないます。

講師の質

「面倒見の良さで進学館を選びました」って
よく言われるけれど・・・

意図的に面倒見が良い塾をめざしているわけではありません。生徒・保護者の期待に応えるために一人ひとりに寄り添うことのできる進学塾を理想としています。
どんなにお子さまが優秀でもそこはまだまだ小学生。勉強に行き詰まったり、志望校選びで悩んだりしたときに近くに相談できる専門家がいれば安心です。保護者さまからの相談にも、お子さまの担当講師が責任をもって対応します。進学館では、もっとも重要な時期である6年生後期から、一人ひとりの生徒に個人担当の講師が付いて、学習相談・進路面談・受験計画までを完全にバックアップする体制を敷いています。質問できない、どの先生に相談していいのかわからないといったようなことは、進学館ではあり得ないのです。

面倒見の良さ
保護者のみなさんの感謝の声

息子の性格や勉強のペース、すべてをわかって息子に合わせて志望校選びや声掛けをして下さったので合格できたのだと思っております。U先生が息子に「親に感謝するやつが合格するんだ!」とおっしゃった言葉には感動しました。
こんなすばらしい言葉が言える先生がいる進学館は最高の塾だと思います。

Tさん 甲陽学院合格

子どもに勉強を押しつけるだけではなく子ども自らが学ぶことに興味や楽しみを見つけられる授業、6年間同じ先生が学年担当として見守ってくださり、勉強面だけでなく精神面、健康面に至るまで、きめ細かくフォローして下さったこと等を思いおこし、進学館で良かったと実感しています。

Kさん
 神戸女学院、神戸大学附属合格

調べる力はすべての学力の基礎
教室での子どもの様子を知りたい
西宮北口校と豊中校ではモニター画面で、それ以外の校舎ではガラス窓越しに授業の様子をご覧いただけます。
通学路の安全面が心配なのですが・・・・
ご安心ください。進学館はすべての校舎が駅のすぐ近く。また、西宮北口校では下校時に講師が改札まで先導してお送りしています。
進学塾に通うのが初めてで、ついていけるのか心配です
ご安心ください。これまでにも講習から塾通いを始めている方は多数いらっしゃいます。講習前には担当講師が連絡を差し上げて、お子さまの状況を把握します。また、講師の目が届きやすい前列に座っていただいて、しっかりフォローしながら授業を進め、授業の様子もご家庭にお知らせしております。
途中で受講講座の変更はできますか?
講習期間中は変更できませんが、通常の講座では月ごとに変更していただくことが可能です。個別に懇談を行い、お子さま自身にとってどういった選択がプラスになるのか、担当講師とじっくりご相談いただき、納得のいく受講プランを提案いたします。
国公立一貫校受験に対応していますか?
岡本校にて、神戸大学附属に特化した講座を用意しています。従来の一方向的な授業では太刀打ちできない国公立一貫校の適性検査に、進学館独自の対策がたいへん有効です。
TOP

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ