講座紹介

小6対象「灘式国語特講」

小学6年生

灘式国語特講

「灘式国語特講」について

実施要項

教室 西宮北口校
対象 小学校6年生
科目 国語
曜日 日(月1回)
時間 10:35〜11:55
日程 (2月分)2/17 (3月分)3/10 (4月分)4/7 (5月分)5/19 (6月分)6/9 (7月分)7/7

授業内容

授業は以下の通りに行います。

  1. 小テスト

    灘中合格のためには漢字語句の知識を着実に積み重ねていかなければなりません。
    2回目以降の授業で小テストを行い、学習内容が定着しているかを確認します。
    また、小テストで出題されるのは大事なエッセンスの部分なので、出題されたところはしっかりと復習するようにしておきましょう。
    (範囲:前回の授業内容の外来語・語句・俳句、灘日々プリ前月号の内容)

  2. 文章題[問題作成は前灘校教諭監修のものです]

    灘中二日目で出題される可能性が高い「随筆文」を扱います。設問は灘中によく出る内容説明の問題を中心にしていますが、設問になっていない部分でも、「灘中受験生ならこの表現の意味をわかってほしい」「点数を取れるようになるために、このように理解して欲しい」というポイントを伝えていくようにします。

  3. 灘中二日目では「詩」が出題されます。「灘式国語特講」では、まだ6年生の前期ということもあるので、灘中合格のために必要な基本的な内容から始め、難易度の高い問題まで学習するようにしております。「詩が苦手」という灘中受験生がいますが、今までの灘中で出題された問題の傾向を分析し、トレーニングをくり返せば必ず点数が取れるようになります。

  4. 外来語

    灘中合格には必須の単元です。意味から外来語を引き出す問題、外来語を熟語に直す問題など、灘中の出題形式に合わせた問題を解きます。

  5. ことわざ・慣用句

    「灘式国語特講」では、単純に意味を記号で選ぶ問題ではなく、意味や語句の一部を見て、自分から成句そのものを思い浮かべられるようにする問題を出題しています。設問文に隠されているヒントから成句そのものを引き出せるようにトレーニングしていきます。

  6. 俳句

    授業では画像を用いながら季節のイメージをつかんでいただきます。それぞれの季節がどのようなものなのかをしっかりとつかんで、そこからテーマ別の俳句の問題を解くようにしていきます。

  7. 宿題

    宿題

    文章題と詩は、授業と同じ内容のものをもう一度解いていただきます。できなかったところを解説授業の内容を思い出しながら解くようにしましょう。外来語・語句・俳句の問題は、授業とは別の問題を解いていただき、さらに多くの知識を学んでいただきます。

    Eレク版をご受講の方は、授業後に「宿題」と「解答」をダウンロードしてください。

「灘式国語特講」E-Lectureについて

実施要項

対象 小学校6年生
科目 国語
曜日 土(月1回)
時間 20:15〜20:50
日程 (2月分)2/23 (3月分)3/16 (4月分)4/13 (5月分)5/25 (6月分)6/15 (7月分)7/13
受講方法 ご自宅にてパソコンなどを利用してご受講いただけます。
受講に必要なアプリをダウンロードし、動作確認をお願いいたします。

パソコン:Windows 7・8.1 Classic・10 MacOS X10.9以降 iPad:iOS9以上 Android:4.0以上(対応端末のみインストール可能)を推奨しています。

接続環境:常時接続のブロードバンド(iPadの場合はWi-Fiでの接続)を推奨しております。 パソコン等の環境によってはご受講いただけない場合がございます。

授業内容

前週日曜日に教室授業で実施した「灘式国語特講」のダイジェスト版の授業となります。
E-Lectureのシステムにより、自宅にいながらにしてライブ授業に参加できます。
先生の問いかけに対してチャットで返信することもでき、双方向でのやりとりをしながら授業を進めていきます。

「灘式国語特講」の教室授業を受けた生徒は同内容となるので、土曜日のE-Lecture授業を受けていただく必要はありません。「教室授業を欠席した」「もう一度話を聞いて理解を深めたい」という生徒は受講してください。
また、オンデマンド授業(E-Lecture授業の録画)は、ライブ授業の約2日後から受講可能です。
(注意:教室授業を受けた人は解答を知っているので、E-Lecture授業のチャットで答えを書いたり、先生の説明よりも先に内容を言ったりしないでください)

TOP